選ぼう、スマホの修理業者の違い

iPhone修理を正規店で行うメリット

iPhoneが故障して水没復旧、スピーカー交換修理、ガラス交換修理等が必要になる場合があります。これらの修理を正規店で修理を行う場合のメリットは修理に使用する部品が全て正規の部品のみを使用して、正規店ならではの商品を知り尽くした修理マニュアルによって完璧に修理してくれるのが最大の特徴です。

正規店とは、iPhoneの修理に関してメーカーの認可を受けている場合を正規店と言います。正規店の修理の場合はデーターを初期化して修理するので、正規店で修理することを考えているユーザーは定期的にデーターのバックアップをしておいた方が良いかもしれません。また、正規店の場合は、修理時間が非正規店よりかかる場合があり、料金も必ずしも非正規店より安いとは限りません。

iPhone修理を非正規店で行うメリット

非正規店のメリットは、修理の際に毎回必ず初期化をする必要はなく、修理に必要とする時間が少ないというのがメリットです。また、データ取出し、防水加工等の際の細かな依頼者の要求にあったサービスも期待できます。iPhoneを修理する際の料金も正規店より一般的には安い傾向にあります。非正規と言っても日本には数多くの非正規店が存在するので、非正規店だからと言って、安心安全に修理ができなくなるということではありません。

非正規店の場合は、修理に使用する部品が非正規の場合があること、非正規店で修理してしまうとメーカーの保証対象外になってしまう場合があること、修理する所によっては修理技術に幅がある等があります。

iPhone修理に関して正規店と非正規店は各々特徴があり、メリットがありますので、ユーザーにとってどちらが、メリットが多いかを考えて修理業者を決めるのが良いと言えるかもしれません。

2018年12月31日まで、保証対象者であれば通常8,800円かかるiphone6sのバッテリー 交換が無料となっています。保証対象外の場合、3,200円で交換できます。