防水加工でスマホの故障リスクを減らそう

自分で防水加工をする方法

雨に濡れたりうっかりトイレに落としたりと、水没させてしまうのはよくあることです。スマホを守るために、あらかじめ防水加工をしておくと安心です。方法は大きく分けて二種類あって、自分でやるのと専門の業者に依頼をするというものです。確実に防水加工をしたいなら後者が無難ですが、費用が心配なら自宅でやってみるのも良い方法です。
一番簡単なのは市販の防水スプレーを購入してくることで、最近ではスマホ用のものが売られています。粒子が細かいので隙間にも入り込めるため、水の侵入を防ぐのです。
やり方は簡単で、スマホの電源を切ってスプレーを振りかけるだけです。イヤホンを挿す穴やスピーカーなどにもしっかりと塗っておきます。その後、一時間程度乾燥させれば完成です。

業者に依頼する時のコツ

スマホの防水加工を業者に依頼するのであれば、いくつか見ておきたい点があります。
まずは保証があるのかどうかで、これがあれば万が一施工不良があってスマホが破損しても、弁償してもらえるかもしれません。スマホを預ける前に必ず確認しておきたいものです。
次にどの程度の水に耐えられるのかですが、業者によってかなりの差が出ます。生活防水といって、ちょっとした水はね程度にしか対応していないところや、完全に水没させてもすぐに取り出せば問題ない業者もあるのです。ただし、防水能力が高くなるほど費用がかかるので、予算とライフスタイルに適した防水加工を選びましょう。
それから実績も大切で、できるだけ長くスマホの防水加工をしてきた業者に任せたいところです。

iphone5sの修理は急ぎの場合、駅前や商業施設の中に入っている修理店に持ち込むのが良いでしょう。最もスピーディーに対処が出来る方法です。